GT-R Magazine(マガジン)Vol.140(’18)

2018年3月31日発売 - 価格 1300円(税込)

日産ワークスドライバーの誇り

レースに勝つために生まれたGT−R。これは初代のハコスカ(PGC10)から脈々と受け継がれてきた使命だ。今年は国内最高峰のツーリングカーレースである「スーパーGT」のGT500/GT300クラスにそれぞれ4台のGT−Rが参戦。両カテゴリーでチャンピオン奪回に剥けた戦いの火ぶたが今切られようとしている。特にそのトップカテゴリーであるGT500マシンのステアリングを握ることができるのはわずか8人。巻頭特集はその選ばれしドライバーの中で本誌が今シーズンのキーマンとなる3人のドライバーを単独インタビュー。開幕戦を迎える胸中、そしてGT−Rに対するそれぞれの思いに触れている。そして、新たに投入されるマシン、監督、チームなど新体制にも注目。読めば今年のスーパーGTがより身近に感じられることは間違いなし。開幕戦は4月7日、8日の岡山国際サーキット。今シーズン、戦うGT-Rの応援にぜひサーキットへも足を運んでほしい。

【その他のコンテンツ】
●電装系復活の切り札がついに登場「NISMOヘリテージパーツ続報②」
●西日本のチューニングRトレンドを公開「大阪オートメッセ2018」
●新連載! 究極の突き詰めたオーナーの胸中に迫る。「情熱R人生」
日本初のブレーキシステム&最新カーナビの魅力と実力を大公開

 ●GT−Rマガジン編集部のブログもご覧ください。

▶Amazonでの購入はこちら

▶Fujisanでの購入はこちら