POWER Watch 1月号(’17) Vol.91

2016年11月30日発売 - 価格 890円(税込)

実機が出そろう、いまこそ知りたい!

●注目の新作32機種 買いのポイント徹底検証
●別冊付録 ゼロからわかるドイツ腕時計
●最新入荷モデルをクローズアップ! TUDOR ヘリテージ ブラック ベイ
話題のダイバーズ最新作が遂に日本上陸
●いちばん売れたモデルは?
2016年 売れ筋ランキング Best 20
●時計ライフが一層楽しくなる魔法のアイテムを厳選!
12ブランドの秋冬鉄板ベルト、教えます。
●気になる時計情報を独自の視点で解説Brand New Scoop
01.FAVRE-LEUBA[スイス屈指の老舗が新体制で日本に再上陸!]
02.CITIZEN[クロノマスターが限定復活]
03.KENTEX[新生ケンテックスの隠し球]
04.PATEK PHILIPPE[白熱するオークション市場]
05.TACS[TACSが目指す時計づくり]
●特別連載/第4回 アンティーク審美眼
スポーツロレックス「GMTマスター」編
●1970年代の名作クロノマチック搭載モデル
● 未上陸ブランド傑作選 第7回〈MkⅡ & NIALL〉
●WATCH BATTLE!【コスパ抜群! 30万円アンダーの時計】
●モーレツにブツ欲を刺激する【個性派時計のススメ】 第8回“触れて時刻を知る時計”
●BALL WATCH ここだけの話 第10回
「エンジニア ハイドロカーボン NEDU(ネドゥ)②」
●『レアもの図鑑』Vol.51「BREITLING」
●人気ウオッチよもやま話 第25回
「スピードマスター コーアクシャル クロノグラフ」
●ミスターNのググッとくる時計、ガクッとする時計
第12回「セイコー グランドセイコー」
●時計機能の基本の「キ」 第24回
「ダブルテンプは単にデザインとしてのものなの?」
●腕時計謎解き物語 第18回「偽ケースの実態 ①」
●腕時計の教科書第2回 機械式ムーヴメントの仕組みを知る
●今号の全国腕時計専門ショップ 最新入荷情報649本

パワーウオッチは“時計を買いたい人のためのバイヤーズガイド”。そんなわけで最新号も時計を買いたい人の視点に立ったリアルな腕時計情報をお届けします!
今号の見どころは、年末商戦を迎えて、各ブランドから話題の新作モデルが出そろう、この時期に知りたい情報満載の大特集。「注目の新作32機種 買いのポイント徹底検証」これからいよいよ購入しようという時期に知りたいのは、何と言っても、実機に触れてわかるリアルなインプレッション情報やブレスレットと革ベルト、あるいは文字盤やサイズ、さらに新旧の違いなど、本当に買いなのはどれかを冷静に見て得られる“ユーザー視点の一歩踏み込んだ本音の新作情報”でしょう。そこで今号は、2016年の新作をブランド、そしてモデルごとにテーマを設定。編集部で可能なかぎり実機を手に取り比較・検証したうえで、プレスリリースからはなかなか見えてこない新作の買いのポイントをまとめました。さらにバイヤーズガイドの本誌らしく、最新の実勢価格情報も掲載。これを読めば、話題の新作の買いのポイントがまるわかりです!
また、今号も本誌ならではの特集記事も充実。ひとつはパワーウオッチ創刊15周年記念特別企画「ゼロからわかるドイツ腕時計」です。2013〜2015年の3年間にわたりに刊行されたMOOK「ドイツ腕時計」。そのダイジェスト版を、創刊15周年記念号の別冊特別付録として再編集しました。MOOK3号にわたって行った現地取材の情報をベースに、歴史、クラフツマンシップ、そしてデザインと三つの視点からドイツ時計の魅力とは何かを読者にわかりやすく解説しています。
そして、もうひとつは、全国の時計ショップへのアンケート調査に基づく、年末号の恒例企画「売れ筋ランキング」の2016年版。1年間の売れ筋傾向を解説するとともに、今年時計ショップで売れたベスト20機種を大発表! 例年とは異なる、驚き傾向も見られた2016年のランキングは、今後の時計購入の指針としても役立つことうけあいです。
ほかにもスポーツロレックスをテーマにした「アンティーク審美眼」、1980〜90年代の腕時計をフィーチャーした「ポストヴィンテージのススメ」など、好評連載企画も充実。
今号もビギナーからマニアまで満足すること受け合いの濃密な内容。見逃し厳禁です!