POWER Watch 11月号 Vol.90

2016年9月30日発売 - 価格 770円(税込)

ロックマン 情熱の時計作り

パワーウオッチは“時計を買いたい人のためのバイヤーズガイド”。そんなわけで最新号も時計を買いたい人の視点に立ったリアルな腕時計情報をお届けします!
ごくごく当たり前のことですが、時計の善し悪しを客観的に見分けるのに必要な情報とは、時計の持つスペック情報ではないでしょうか? 2016年も多くのブランドから様々な新作が発表されましたが、それら新作のスペック情報に注目し、本当はどんな実力を秘めた時計なのかを紹介した情報や記事というのは、実はそれほど多くありません。そこで今号の大特集では、このスペック情報から見た新作の実力をクローズアップしました。スペック情報から善し悪し見分けようとする場合、どんなところに注目すれば良いか、そしてどんなスペックが良い時計の条件かを解説するほか、ロレックスをはじめ2016年話題の新作28機種の実力を徹底検証しました。
そして、今号は本誌ならではの特集記事も充実。ひとつは近年、実力派イタリアンウオッチブランドとして注目を集めるロックマンの本国ファクトリーの全貌を現地徹底取材でお届けする「ロックマン 情熱の時計作り」。そして、もうひとつは、時計マニアから絶大な評価を得るほか、ここ数年の復刻ブームの牽引役としても注目のヘリテージコレクションにスポット当てた「ロンジン ヘリテージ大研究」の2本。いずれも本誌でしか読めないユーザー視点に立った記事ですが、特にロンジン ヘリテージ大研究では、バーゼル未発表の最新モデルについても詳しく紹介しています。また、モーリス・ラクロアの新コレクション“アイコン”の魅力に迫った「アイコンの真価」や国産ブランドTOMORAの新展開にスポットを当てた記事など、いま注目を集めるブランドの魅力を掘り下げたブランドクローズアップ記事も多数掲載しました。
ほかにもスポーツロレックスをテーマにした「アンティーク審美眼」、1980〜90年代の腕時計をフィーチャーした「ポストヴィンテージのススメ」など、好評連載企画も充実。
今号もビギナーからマニアまで満足すること受け合いの濃密な内容。見逃し厳禁です!

●時計本来の姿が見えてくる
スペックから読み解く2016 新作ウオッチ
Part.1 良い時計を見分けるポイント
Part.2 注目の新作13機種の実力度
Part.3 編集部注目の新作を斬る!
●最新入荷モデルをクローズアップ!
PANERAI ルミノール マリーナ ロゴ アッチャイオ
大定番の進化に迫る
●時計好きほどハマる絶妙なウオッチメイキング
ロンジン ヘリテージ大研究
●本物のイタリアンウオッチは伊達じゃなかった!
ロックマン 情熱の時計作り
●細部までこだわり抜いた注目のニューコレクション
モーリス・ラクロア AIKONの真価
●1990年代より続く国産ブランドの新展開
TOMORA TOKYO トモラ トウキョウ
●気になる時計情報を独自の視点で解説
01MAURICE LACROIX[アイコンシリーズの舞台裏]
02WEMPE[その実力をこの目で確かめにドイツに行ってきました]
03SPEAKE-MARIN[スペシャルクロノが日本上陸]
●特別連載/第3回 アンティーク審美眼
スポーツロレックス「エクスプローラーⅠ」編
●好評連載/第4回
「1990年代の名作IWC・GSTシリーズ」
●未上陸ブランド傑作選 第6回〈Zelos & DENNISON〉
●【男をあげる! パイロットウオッチ対決】
●【個性派時計のススメ】 第7回“クルマ×腕時計の新境地”
●BALL WATCH ここだけの話 第9回
「エンジニアマスターⅡ スキンダイバーーⅡ」
●『レアもの図鑑』Vol.50「PATEK PHILIPPE」
●人気ウオッチよもやま話 第24回「ラジオミール」
●ミスターNのググッとくる時計、ガクッとする時計
第11回「オーデマ ピゲ ロイヤル オーク」
●時計機能の基本の「キ」 第23回
「シリコン素材を採用するメリットは?」
●腕時計謎解き物語 第17回「カルティエの時計への拘り 後編」
●新連載/腕時計の教科書 第1章 時計を構成するパーツを知る
●今号の全国腕時計専門ショップ 最新入荷情報620本