S660&BEAT MAGAZINE Vol.03

2016年11月26日発売 - 価格 1200円(税込)

ホンダの2(2+2)シータースポーツは先端技術の実験室だ

[主な内容]
●バラードスポーツCR-X“無限PRO”vs S660
●3代目プレリュード“4WS” vs S660
●ホンダ2(2+2)シーター年表
●初代NSX vs S660
● “サイバー”CR-X vs ビート
●『よろしくメカドック』における2(2+2)シータースポーツ
●ホンダで最も歴史ある2シータースポーツは軽トラだ!
●ビートのデザイン過程に見えるホンダの2シーター哲学
●清水草一、NSXとS660の「違い」と「同じ」を確認する
■ボトムズ監督・高橋良輔
「最小リアル・ロボット生みの親、最小リアル・スポーツカーを味わう」
■ターボの変遷
■「N」の系譜
■ THE STORY. S660開発者インタビュー/インテリア構築編
■過給最前線 HKS/Kansai サービス/HKS九州
■2つのDNA MUGEN RA&MUGEN S660
■WELCOME TO THE CUSTOMIZE WORLD
■ビートでやるECU自炊チューン
■サーキット仕様S660の課題と展望
■660GTパーツカタログ etc.

ホンダ車を語るとき、2シーター、2+2スポーツは外せない。S660&BEATも例外ではなく、操る楽しさやドライバーが得られる満足感は軽トラから新型NSXまで貫かれている。それを実証するかのように、S660&BEATと歴代モデルの競演を眺めながら記憶を呼び起こし、ホンダスピリットを感じてほしい。
新旧のホンダスポーツを満喫したあとは、S660の最新カスタマイズ情報でホットなカーライフを妄想してほしい。S660&ホンダ車ファンの応援よろしくお願いします。