GT-R Magazine 編集部ブログ

GT-R Magazine141号は6月1日(金)発売!

2018年5月29日

一般的には10年&10万kmが買い替えの目安と言われていますが、GT-R(特に第2世代GT-R)は年数&距離ともにその目安を大きく超え、今や20年&20万km超のクルマも徐々に増えてきました。何よりすごいのはいまだに現役で走り続けるオーナー数が多いこと。ハコスカ、ケンメリといった第1世代と呼ばれるGT-Rも現存していますが、あくまでもコレクターズアイテムとして所有しているのであって、数十万kmを走っている個体はほとんどありません。15年以上が経過したクルマが現行車と同じように使われることが、第2世代GT-Rの魅力であり、すごさでもあります。

ただ、ここから10万km、20万km走ることを考えると誰もが不安を抱くはずです。しかも、機械は消耗品であり、いずれは寿命を迎えます。20万kmまでは壊れなかったからといって、その先の10万kmまで耐えられるかは未知数。また、距離が延びれば延びるほど壊れる可能性がさらに高まるのは言うまでもありません。「一生乗り続けたい」と考えているRオーナーにとってこの問題は切実なのです。

そこで今号では「30万&40万kmと向き合う」と題して、すでに30万、40万kmを迎えた先輩オーナーたちの生声から、プロによる距離別の消耗部位の選定、長く愛し続けるための救世主となる純正部品復刻の「NISMOヘリテージ」まで、その先を見据えるためのさまざまな方策と心構えを伝えています。走り続けることで距離と共に思い出も刻む。家族と同等の存在となったGT-Rといつまでも走り続けるための参考にしていただきたいと思います。

また、日産ワークスドライバーとしてスーパーGT・GT500クラスを「モチュール・オーテックGT-R 」で闘い、プライベートでは7台の歴代GT-Rを所有すると公私ともにGT-R三昧の松田次生選手が、唯一所有していないケンメリGT-R(KPGC110)に初試乗! 自身が所有するハコスカGT-R(KPGC10)と比較しながら、レーシングドライバーとGT-Rファンの両目線で評価し、新しいケンメリの魅力を伝えてくれています。

そして、好評連載中の第2世代GT-Rの源流を探る「渡邉衡三からの質問状」はR32GT-Rの生みの親である伊藤修令氏を迎えてついに最終回。今号では前編として、伊藤氏の生い立ちからプリンス自動車入社後の開発の舞台裏、伊藤氏の考えるスカイライン論までを本音でトーク。今回も隅々まで読み応えたっぷりの内容にファンなら思わず唸ること間違いなしです。

さらに新連載として日本を代表するGT-Rスペシャリストが特別なデモカーについて語る「入魂のR回想録」がスタートしました。第1回目はMine’s代表の新倉通蔵氏。氏の心に残る1台とは……?  GT-Rが重ねてきた歴史の1ページをあらためて振り返る企画は必読です。今号はハコスカ、ケンメリからR35まで全世代GT-Rオーナーが楽しめる話題がテンコ盛りとなっています。

●その他のコンテンツ

「R’s Meeting 2018 in 富士スピードウェイ」エントリーユーザー募集開始/走行会&ミーティングが盛りだくさん! GT-Rイベントレポート/オーナーのRライフを赤裸々に公開する「あなたのR見せてください」&「10万&20万km倶楽部」etc.

 

「GT-R Magazine 141号」 平成30(’18)年6月1日(金)発売

価格:1,300円(税込み)発行・発売:株式会社交通タイムス社

 

GT-R Magazine140号は3月31日(土)発売!

2018年3月29日

3月末から本格的に動き出した国内のモータースポーツ。GT-Rオーナー/ファンとしてもっとも注目するのは、もちろん、国内最高峰のツーリングカーレースである「スーパーGT」です。GT500/GT300両クラスともに2015年シーズン以来のチャンピオン奪回を目指し、その牙を磨いています。そして、日産/NISMOの威信をかけて作られたトップカテゴリーのGT500マシンのステアリングを握ることができるのはわずかに8人。今号の巻頭特集は「レーシングRで闘う日産ドライバーの魂」をテーマに、その選ばれしワークスドライバーの中で今シーズンのキーマンとして本誌が注目するベテランの本山哲選手、現日産エースドライバーの松田次生選手、そして次期日産のエース候補の一人である佐々木大樹選手という3人のドライバーに単独インタビューを敢行しました。開幕戦を迎える胸中や意気込み、そしてGT-Rに対するそれぞれの思いを赤裸々に語っています。また、購入できるレーシングカーとしてGT300をはじめ、世界中で活躍するR35のFIA GT3車両。今年、’15年度のチャンピオンである「ゲイナー」チームに投入されるその新型車両のテストに密着しました。ドライバー、メカニックらのコメントを通じて、その実力に迫っていいます。その他、今年のチームなど新体制の紹介や、各監督の意気込みなど、読めば、スーパーGTが身近に感じられることは間違いありません。今年の開幕戦は4月7日、8日の岡山国際サーキット。今シーズン、戦うGT-Rの応援にぜひサーキットへも足を運んでほしいと思います。

また、GT-Rオーナー/ファンからの熱い視線が注がれる「NISMOヘリテージパーツ」も新情報を公開しています。今回はGT-R復刻には欠かせなかったあのパーツが登場です。それは一体何であるのか? 期待して読み進めていただきたいと思います。さらに、’19年2月10日(土)〜12日(月・祝日)、大阪のインテックス大阪で開催された西日本最大のカスタマイズショー「大阪オートメッセ2018 」に見る今どきのチューンドR事情、GT-Rライフを極めた特別なオーナーの胸中に迫る新連載がスタートするなど、モータースポーツからレストア、そしてカスタマイズとGT-Rのすべての魅力を凝縮した一冊になっています。ぜひ手に取ってご覧ください。

 

●その他のコンテンツ

第2世代GT–Rの新世代チューニングを提案「TRUST Greddy RX復活」/第2世代GT−Rが生まれた理由を掘り下げる「渡邉衡三からのR質問状」/日本初のブレーキシステム&最新カーナビの魅力と実力を大公開/オーナーのRライフを公開する「あなたのR見せてください」&「10万20万kmクラブ」etc.

 

「GT-R Magazine140号」 平成30(’18)年3月31日(土)発売

価格:1,300円(税込み)発行・発売:株式会社交通タイムス社

 

GT-R Magazine139号は2月1日(木)発売!

2018年1月30日

日本が誇る高性能モデルの代名詞であるスカイラインGT−R/日産GT−R。クルマ好きでなくても、一度はその名前を耳にしたことはあるでしょう。そのGT-Rが誕生したのは昭和44(1969)年2月。当時の市販車としては世界に類を見ない2ℓ直列6気筒DOHC24バルブエンジンを搭載したハコスカ(PGC10/KPGC10型)は、モータースポーツの世界でも前人未踏の49連勝を記録するなど、その名前を世に知らしめました。以後、GT−Rは2度の排ガス規制で一時姿を消しましたが、開発陣とファンの熱い思いにより、時を経て見事に復活。これまでに6型8モデルが登場しています。

今号では、1年後の平成31(’19)年、GT−Rが節目となる50周年を迎える前に、長きに渡るその歴史をかえりみることとしました。初代のハコスカ、そしてわずか197台のみが生産され、幻のGT−Rと呼ばれるケンメリ。チューニングを施すと1,000psを可能としたタフなRB26DETTエンジンと革新的な4WDシステムの組み合わせで、レースのみならず、アフターパーツ市場でも高い人気を誇ったBNR32/BCNR33/BNR34。市販車でありながら最高出力は600ps(GT−R NISMO)に到達。世界の名だたるスーパースポーツと肩を並べたR35。変革と進化のヒストリーを振り返ることで、各世代の魅力にあらためて触れることができるはずです。現在GT−Rを所有されている方はもちろん「いつかはオーナーに」と夢見る方も、日本を代表する希代のサラブレットに脈々と受け継がれてきたRの魂に思いを馳せてほしいと思います。

第2特集は平成29(’17)年11月24日に発表されたBNR32の製廃部品の再生&供給サポート「NISMOヘリテージ」の続編をお届けします。発表当日には74アイテムが発売されましたが、特集では日産/NISMOが手掛けるこのプロジェクトの今後の展開についてレポートしています。第2世代GT−Rオーナー/ファンにとって必見の内容であることは間違いありません。ぜひ、ご一読いただきたいです。

もう一つ、好評連載中の「TRUST GReddy RX復活の道」では、ついにBNR34をベースとしたGReddy RXの最終プロトタイプが登場。試作タービンやマフラーなど今後展開が予定されている第2世代R用モディファイパーツも公開しています。このマシンは’19年2月10日(土)〜12日(月・振休)、インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2018」に展示されるので、気になるオーナー、ファンはぜひ現地でチェックしてください。

● GT-R Magazine139号その他のコンテンツ:NISMO FESTIVAL&TOKYO AUTO SALON 2018レポート/GT−R最新チューニングに触れる「CLUB RH9 鈴鹿チューニングバトル」/第2世代GT−Rが生まれた理由を掘り下げる「渡邉衡三からの質問状(長谷見昌弘氏・編)」/オーナーのRライフを赤裸々に公開する「あなたのR見せてください」&「10万&20万kmクラブ」etc.

 

「GT-R Magazine139号」 平成30(’18)年2月1日(木)発売

価格:1,300円(税込み)発行・発売:株式会社交通タイムス社

GT-R Magazine138号は12月1日(金)発売!

2017年11月30日

「愛車との10年後、あなたはその未来予想図を描けていますか?」

今号はこれから先の10年、 愛車と長く付き合うために今できること、やるべきことは何なのか? 健全なGT-Rライフを歩むための手法を紹介しています。GT-Rはその歴史を見ても日本を代表するスポーツモデルとして誕生し、その輝きはどの世代を見ても色褪せていません。ただ、GT-Rといえども工業製品。経年劣化は避けて通れず、年数の経過は維持費という形で重くのし掛かってきます。

いまだに根強い人気を誇るR32/R33/R34スカイラインGT-R、そして、平成29(2017)年12月6日(水)に発売から10年目を迎える、世界一級の性能を誇るR35。希代のGT-Rを共に歩むパートナーとし、これからも愛し続けるためにはどうすればいいか? 今号では日産ワークスであるNISMO、そして全国のGT-Rに精通する有力ショップに、車両の購入からメンテナンスに至るまで“GT-Rと歩むための方策”を提案いただきました。単なるパーツ交換やプランの紹介ではなく、生涯現役で走り続けるために考えておくべきオーナーとしての心構えを取り上げています。今号を読めば、第2世代GT-RとR35とのこれからの付き合い方が見えてきます。

また、平成29(’17)年11月1日に発売したGT-R Magazine別冊『GT-R OWNERS FILE Ⅶ』の巻頭企画に登場いただいた、国民的お笑い芸人である間 寛平さん。カスタマイズされた愛車のR34GT-Rによる『岡山国際サーキット』での走行シーンを138号でもレポート。別冊では間さんのGT-RライフとR34への思いを語っていただきましたが、138 号ではドキドキワクワクのサーキット走行の模様を赤裸々に公開。本誌でしか見られないクルマ好きとしての素顔は必見です。また、最後に寛平さん本人の口から飛び出したサプライズのコメントは読者諸兄姉にとってうれしくなること間違いなしです。

その他、タービン特集やR35GT-R 2018年モデル速報など今号も読み応えたっぷりでお届けしています!

※なお、138号には毎年恒例の本誌オリジナル「2018 年度版R’sカレンダー」が特別付録として付いています。

● GT-R Magazine 138号のその他のコンテンツ:第2世代GT–Rの新世代チューニングを提案「TRUST Greddy RX復活」/第2世代GT−Rが生まれた理由を掘り下げる「渡邉衡三からの質問状」/オーナーのRライフを赤裸々に公開する「あなたのR見せてください」&「10万20万倶楽部」etc.

 

「GT-R Magazine138号」 平成29(’17)年12月1日(金)発売

特別定価:1,400円(税込み)

発行・発売:株式会社交通タイムス社

「NISMO R35GT-R PERFECT BOOK」11月27日(月)発売!

2017年11月22日

平成29(2017)年12月で発売からちょうど10年の節目を迎えるR35型「NISSAN GT-R」(以下R35)。『日産自動車』のモータースポーツ部門である『NISMO』が、初期型(MY07〜MY10)を対象としたエアロパーツ/エンジンメニュー/サスペンションメニューを発売、いよいよ本丸ワークスがR35のモディファイに乗り出しました! 『GT-R Magazine』では、別冊MOOK本の「NISMO R35GT-R PERFECT BOOK」を緊急発売。ここでその内容を一部紹介しましょう。

初期型のMY08をベースにNISMOがデモカーを新規製作。GTマシンのノウハウを用いたオリジナルのフルエアロのほか、「S1エンジンメニュー」を施したVR38DETTを搭載。さらに、MY17純正スプリング&ショックアブソーバーをベースとしたサスペンションメニューを投入することで、これから先も初期型R35に長く安心して乗れるモディファイを提案しています。本誌ではこのデモカーを徹底的に解剖。走行距離=4,000kmに及ぶロングツーリングや開発者インタビューに加えて、富士スピードウェイでの極秘テストにも密着。NISMOにしかできないリフレッシュ&カスタマイズの神髄に深く迫ります。

また、今年で記念すべき20回目の開催を迎える「NISMO FESTIVAL」も総力特集。平成9(’97)年からスタートした同イベントの歴史を1年ごとに振り返り、日産/NISMOの輝かしいモータースポーツ史、懐かしいマシンやレジェンドドライバー、その年のトピックなどとともに、“ニスフェス”が生まれた背景やそこに込められた想いなども取り上げています。

もう一つ、残念ながら今季は2ポイント差でGT500のシリーズタイトルを逃してしまいましたが、GT-Rの2017シーズンのレースをダイジェストでお届け。国内のスーパーGT(GT500/GT300)の全戦レポートに加え、「NISSAN GT-R NISMO GT3」で参戦している海外レースもピックアップ。来季に向けて開発が進められている“GT3エボルーション”モデルも……!?

リフレッシュ&モディファイ術からモータースポーツまで丸ごとR35にフォーカス。現役オーナーやいつかはR35乗りたいという方はもちろん、第2世代GT-Rオーナーにもぜひご覧いただきたい一冊です!

なお、11月26日(日)には前述した通り、富士スピードウェイで“20回目”となる「NISMO FESTIVAL」が開催されます。今年で創刊23(ニッサン)周年を迎える『GT-R Magazine』は、会場内で特別ブース出展を行います! 場所はAパドック1コーナー寄りの『NISMO大森ファクトリー』ブースの隣になります。そちらでは、GT-R Magazine本誌&各種バックナンバーやオリジナルグッズ販売のほか、翌27日発売の「NISMO R35GT-R PERFECT BOOK」も特別に……!? スタッフ一同、皆さまのご来場をお待ちしております!

GT-R Magazine特別編集「NISMO R35GT-R PERFECT BOOK」
平成29(2017)年11月27日(月)発売
定価:2,000円(税込み)
発行・発売:(株)交通タイムス社

 

1ページ目 [全 12ページ]12345...10...最後のページ